7.11

プロファイル

レース成績

レース成績

全通算成績 -72.42%
(=0.28倍)
節あたりの上昇率 -0.308%
支持率
(完全優勝賞金予定額)
1.3%
(20.0万円)
レース(節数) リーグ 節あたりの
上昇率
通算成績 確率 利用頻度
勝率 +10%以上 -10%以下 空売り 低位株
全レース平均(417) - -0.308% -1.14% 0.388(162)
0.060(25)
0.060(25)
0.098(41)
0.005(2)
2020年夏季レース(11) m 0.888% 10.22% 0.273(3)
0.091(1)
0.091(1)
0.000(0)
0.000(0)
2020年春季レース(13) m 1.289% 18.13% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2020年新春レース(13) o 0.486% 6.51% 0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年秋季レース(13) m -0.699% -8.70% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年夏季レース(10) p -4.983% -40.02% 0.200(2)
0.100(1)
0.200(2)
0.000(0)
0.000(0)
2019年春季レース(12) p 0.187% 2.27% 0.417(5)
0.083(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年新春レース(12) p 0.936% 11.83% 0.500(6)
0.083(1)
0.083(1)
0.083(1)
0.000(0)
2018年秋季レース(13) m -0.811% -10.05% 0.385(5)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2018年夏季レース(12) o 0.448% 5.49% 0.333(4)
0.000(0)
0.000(0)
0.500(6)
0.000(0)
2018年新春レース(13) o -2.642% -29.40% 0.538(7)
0.077(1)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
2017年夏季レース(13) o -3.571% -37.67% 0.385(5)
0.000(0)
0.154(2)
0.000(0)
0.077(1)
2017年春季レース(13) o 0.844% 11.54% 0.308(4)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年新春レース(13) o 0.567% 7.63% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年秋季レース(13) m -5.525% -52.24% 0.385(5)
0.077(1)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
2016年夏季レース(13) m -0.075% -0.97% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年春季レース(13) m 0.252% 3.32% 0.462(6)
0.077(1)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2016年新春レース(13) o 0.757% 10.31% 0.308(4)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年春季レース(13) o -2.038% -23.48% 0.615(8)
0.077(1)
0.308(4)
0.000(0)
0.000(0)
2014年新春レース(13) m -2.970% -32.42% 0.385(5)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2013年秋季レース(9) p -5.625% -40.63% 0.222(2)
0.111(1)
0.222(2)
0.111(1)
0.000(0)
2013年夏季レース(13) p 0.677% 9.17% 0.385(5)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2013年春季レース(13) m 1.597% 22.85% 0.308(4)
0.231(3)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
2013年新春レース(13) m 2.081% 30.70% 0.462(6)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2012年秋季レース(13) m 1.493% 21.23% 0.231(3)
0.154(2)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
2012年夏季レース(13) p -0.575% -7.23% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.615(8)
0.000(0)
2012年春季レース(13) p 0.136% 1.79% 0.308(4)
0.077(1)
0.000(0)
0.154(2)
0.000(0)
2012年新春レース(13) p 0.312% 4.12% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.538(7)
0.000(0)
2011年秋季レース(13) p 0.342% 4.55% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2011年夏季レース(13) p 2.353% 35.32% 0.769(10)
0.000(0)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
2011年春季レース(13) m 0.826% 11.29% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.308(4)
0.000(0)
2011年新春レース(13) o 1.011% 13.97% 0.308(4)
0.077(1)
0.000(0)
0.154(2)
0.000(0)
2010年秋季レース(13) m -0.688% -8.56% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.692(9)
0.077(1)
2010年夏季レース(13) o 0.852% 11.66% 0.308(4)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)

※ 低位株:株価100円未満の銘柄

※ 節あたりの上昇率={(1+全通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ

2020年夏季レース

節の成績

勝率 0.273
節あたりの上昇率 0.888%
通算成績 10.22%
AIベンチャー。画像認識・自動対話などディープラーニング技術開発が軸。ト
ヨタと連携。5Gで
仮想移動体通信事業のパイオニア。MVNOの付加サービス提供。デジタルID構築
強化。
空売り比率が高い、ここら辺で一気の買い戻しでの爆上昇パターンへ
合理的な携帯料金プランを新発売する「合理的な携帯料金プラン」の第1弾は
、月額2480円で音声通話かけ放題、データ通信が3GB付いた「合理的か
けほプラン」。音声とデータのトータルで、大手携帯キャリアの半額以下の携
帯料金を実現し、3GB以降は1GBあたり250円で使った分だけの料金が
自動適用される「おかわり課金方式」を採用したのが特徴で、大手携帯キャリ
アの4分の1の料金なので、仮に月7GB使用しても3480円となるという
。また、利用客自身で上限値の設定ができるので、自分にとって最適な容量の
プランをつくりながらも、実際の支払いはデータ使用量に応じた分だけという
合理的な携帯料金になっているとしており、データ通信と音声通話の双方で利
用客にとっての「合理的な携帯料金プラン」となっている.
おもしろいかも。
来週の日経平均は買い上がりの決め手に欠けるなか、落ち着きどころを探り、
日米互いに総領事館の閉鎖を要求するなど米中対立の深刻化は新たな局面に入
り始め、投資家心理も悪化している。今週のNYダウは4週間ぶりに下落し、ナス
ダック総合指数も5月以来の続落。シカゴ日経平均先物は大阪比410円安の2234
0円と下げていることから、週明けの日経平均はギャップダウンへ

また、東京市場の連休中に米国市場ではアップルやマイクロソフトなどの主力
ハイテク株に売りが継続したほか、為替相場が一時1ドル=105円台まで円高進
行したことも日経平均の押し下げ要因となりそうだ。このほか、新型コロナの
感染者増加に歯止めがかからず、むしろ国内では東京都だけでなく主要都市に
広がりがみられる。感染者数の増加による株式市場への直接的な影響は今のと
ころ限定的だが、警戒感は根強い。
先週が下落とれんどに入ったようですので、様子見姿勢で、お願い致します。 21年3月期第1四半期(20年4-6月)の営業利益を前年同期比212.9%増の53.00億
円と発表している。ベンチャー企業に投資するインベストメント事業で投資先
の営業投資有価証券を売却し、増益となった。アドテクノロジー事業やコンテ
ンツ事業も利益拡大に貢献した。

1100-1200円レベルでのもち合いが続く中、足元では25日線が上値抵抗として意
識されていたが、直近の上昇で同線を上放れてきている。もち合いレンジ内で
の推移ではあるが、6月高値1241円が射程に入った。一目均衡表では雲の中での
推移が続いていたが、昨日の上昇で雲上限を突破してきている。

いよいよ1500円を抜けていく状況が整いました。
長期トレンド上昇へ 来週の日経平均は、上値の重さと手掛かり難が意識されつつも堅調な展開が見
込まれる。米国の経済指標は強弱感が対立しており、日米市場ともに方向感が
つかみにくくなっている。27日に米4-6月期国内総生産(GDP)改定値と「ジャ
クソンホール会議」でのパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長講演、28日に米
7月個人所得・個人支出が予定されているが、為替の円高につながることになる
と、日経平均は一時的にせよ調整あり
荒れるかもしれない可能性を感じる。 11日にメジャーSQ(特別清算指数)を控えており、米国株の動向と先物をにら
んで神経質な動きとなる可能性はあり。
米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は、米国内の企業が保有する原油の在
庫状況を週間で測定し2日に発表された在庫統計の結果は、188.7万バレルの取
り崩し(減少)が予想されていたのに対し、それを大きく上回る936.2万バレル
の取り崩しだった。通常であれば、WTI原油価格が上昇してもおかしくないのに
も関わらず、その日のWTI原油価格は1.25ドルの下落と大きく値を下げて終えて
います、嫌な予感が、、、。
リーグ 出場者 銘柄(コード) 始値 終値 節の成績 通算成績
第1節 m 7.11 PKSHA Technology(3993)07/08引け確定 2718円 2845円 4.67% 4.67%
第2節 m 7.11 日本通信(9424) 212円 182円 -14.15% -10.14%
第3節 m 7.11 日本通信(9424)07/22引け確定 182円 217円 19.23% 7.14%
第4節 m 7.11 現金 -円 -円 0.00% 7.14%
第5節 m 7.11 現金 -円 -円 0.00% 7.14%
第6節 m 7.11 ユナイテッド(2497) 1254円 1233円 -1.67% 5.35%
第7節 m 7.11 ユナイテッド(2497)08/18引け確定 1233円 1290円 4.62% 10.22%
第8節 m 7.11 現金 -円 -円 0.00% 10.22%
第9節 m 7.11 現金 -円 -円 0.00% 10.22%
第10節 m 7.11 現金 -円 -円 0.00% 10.22%
第11節 m 7.11 現金 -円 -円 0.00% 10.22%
      節あたりの上昇率     0.888%  

★ 手仕舞い無し銘柄変更のため終値は次節始値となっています。

※ 太字の銘柄コードの上にマウスを乗せると直前メールの内容が参照できます。

※ 銘柄コードをクリックするとYahooチャートへリンクします。

※ 節あたりの上昇率={(1+通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ