ビビ太郎

プロファイル

レース成績

レース成績

全通算成績 10098.59%
(=101.99倍)
節あたりの上昇率 0.666%
支持率
(完全優勝賞金予定額)
5.8%
(20.0万円)
レース(節数) リーグ 節あたりの
上昇率
通算成績 確率 利用頻度
勝率 +10%以上 -10%以下 空売り 低位株
全レース平均(697) - 0.666% 12.34% 0.489(341)
0.059(41)
0.020(14)
0.251(175)
0.079(55)
2021年夏季レース(12) m -0.152% -1.79% 0.583(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2021年春季レース(13) o 0.967% 13.33% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.385(5)
0.000(0)
2020年秋季レース(13) o -1.175% -14.24% 0.538(7)
0.077(1)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
2019年夏季レース(13) m -1.082% -13.20% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
1.000(13)
0.000(0)
2019年春季レース(12) o 0.594% 7.36% 0.500(6)
0.000(0)
0.083(1)
0.833(10)
0.000(0)
2019年新春レース(12) m -0.808% -9.30% 0.250(3)
0.000(0)
0.000(0)
0.917(11)
0.000(0)
2018年秋季レース(13) m -3.234% -34.79% 0.154(2)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2018年夏季レース(12) p -0.600% -6.96% 0.417(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.250(3)
0.000(0)
2018年春季レース(13) p 1.564% 22.34% 0.615(8)
0.077(1)
0.000(0)
1.000(13)
0.000(0)
2018年新春レース(13) p -0.645% -8.06% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年秋季レース(13) p 0.432% 5.78% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年夏季レース(13) p 0.859% 11.75% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年春季レース(13) p 0.704% 9.54% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年新春レース(13) p 0.051% 0.65% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年秋季レース(13) p 1.503% 21.44% 0.615(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年夏季レース(13) m 2.656% 40.58% 0.692(9)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年春季レース(13) m 0.172% 2.27% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年新春レース(13) p -1.007% -12.32% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.308(4)
0.077(1)
2015年秋季レース(13) p 0.285% 3.76% 0.615(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年夏季レース(13) m 2.191% 32.55% 0.462(6)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年春季レース(13) o 3.052% 47.86% 0.462(6)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年新春レース(13) m -0.306% -3.90% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年秋季レース(13) o 0.683% 9.25% 0.615(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.231(3)
0.000(0)
2014年夏季レース(13) m -0.615% -7.73% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年春季レース(13) p -2.441% -27.46% 0.385(5)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2014年新春レース(13) p 0.308% 4.07% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2013年秋季レース(13) p 1.069% 14.81% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2013年夏季レース(13) p 0.239% 3.15% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2013年春季レース(13) m 4.396% 74.92% 0.538(7)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2013年新春レース(13) m 0.806% 11.01% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2012年秋季レース(13) o 3.497% 56.32% 0.615(8)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.231(3)
2012年夏季レース(13) m -1.627% -19.19% 0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
1.000(13)
2012年春季レース(13) p -1.341% -16.11% 0.308(4)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.538(7)
2012年新春レース(13) p 1.520% 21.65% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.231(3)
2011年秋季レース(13) m 3.167% 50.00% 0.462(6)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
1.000(13)
2011年夏季レース(13) m -0.977% -11.97% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.231(3)
2011年春季レース(13) o 0.421% 5.59% 0.615(8)
0.077(1)
0.077(1)
0.000(0)
0.154(2)
2010年秋季レース(13) o 0.285% 3.80% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.077(1)
0.077(1)
2010年夏季レース(13) m -0.488% -6.17% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2010年春季レース(13) p -3.317% -35.51% 0.308(4)
0.077(1)
0.154(2)
0.154(2)
0.000(0)
2010年新春レース(13) p 0.146% 1.92% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.077(1)
2009年秋季レース(13) p 0.650% 8.77% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.692(9)
0.000(0)
2009年夏季レース(13) p 1.044% 14.44% 0.692(9)
0.077(1)
0.000(0)
0.538(7)
0.000(0)
2009年春季レース(13) p 6.892% 137.85% 0.538(7)
0.308(4)
0.077(1)
0.077(1)
0.154(2)
2009年新春レース(13) p 3.495% 56.33% 0.692(9)
0.154(2)
0.000(0)
0.769(10)
0.000(0)
2008年秋季レース(13) p 1.825% 26.47% 0.615(8)
0.077(1)
0.000(0)
0.615(8)
0.385(5)
2008年夏季レース(13) p 3.196% 50.53% 0.615(8)
0.077(1)
0.000(0)
0.846(11)
0.000(0)
2008年春季レース(13) p 0.303% 4.01% 0.462(6)
0.154(2)
0.077(1)
0.846(11)
0.077(1)
2008年新春レース(12) p 0.781% 9.81% 0.583(7)
0.083(1)
0.000(0)
0.750(9)
0.000(0)
2007年秋季レース(13) p 4.705% 81.76% 0.462(6)
0.308(4)
0.077(1)
0.462(6)
0.000(0)
2007年夏季レース(13) m 1.414% 20.05% 0.692(9)
0.000(0)
0.000(0)
0.769(10)
0.000(0)
2007年春季レース(13) o 1.327% 18.69% 0.615(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.692(9)
0.000(0)
2007年新春レース(13) o 0.064% 0.83% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.538(7)
0.000(0)
2006年秋季レース(13) o -0.830% -10.27% 0.462(6)
0.000(0)
0.077(1)
0.846(11)
0.000(0)

※ 低位株:株価100円未満の銘柄

※ 節あたりの上昇率={(1+全通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ

2021年夏季レース

節の成績

勝率 0.583
節あたりの上昇率 -0.152%
通算成績 -1.79%
良質な紙に色をふんだんに使い郵送費かけた立派なワクチン接種券とやらが来
てますが義務でもないものを国民全員に配る必要がどこにあるんでしょうかね
多分国民の4割ほどは摂取しない、あるいはしばらく様子見じゃないでしょうか
、アベのマスクにも言えることですが押しつけがましいことには湯水のごとく
無駄金使いますね。

こんなややこしい書類手続きしないとワクチン打てない国は日本くらいじゃな
いでしょうか
打ちたい奴は不正働いてでも打つわけですから、そいつら用に市役所ロビーに
でも馬糞紙看板&パンフ置いておけば済むことでしょう
今までの感染者のほとんどが完治している病ですし
あえて副反応のリスクがあり治験が不完全ものをすぐに使う気にはなりません

人混みが死ぬほど嫌いで満員電車が気持ち悪く、会社員8か月でやめた過去があ
る私ですからコロナで死ぬ確率より
宝くじのほうが当たりやすいと思います(買わんけど)ww

さて前置きが長くなりましたが、私がやっている銘柄選択方法の一つを紹介い
たしましょう
長らく赤字体質が続き継続前提に疑義が生じた会社が黒字体質に変わろうとし
ている時に仕込みます
疑義が解消して株価が上がったときに売り抜けるわけですね。

そんな銘柄の一つがenishであります。
さて、梅雨の高湿度でvirusも拡散抑えられているはずなのにまたもや緊急宣言
ですか
梅雨明けのオリンピック開催で何事もないわけない気がしますよね

さてenish、週足雲に跳ね返されましたが今年の値動きはしっかりと地固
めしてきてますので
再チャレンジ期待してます。
疑義解消狙いと書いてますがこれはすぐには答えが出ません
早くて来年、会社の業績予想が順調に推移して実際に決算で証明された後の話
ですから、慌てて買う必要はないですね
一つ懸念があるとすれば会社規模で今後東証1部に残れるかどうか微妙な位置で
す、それらも考慮に入れておく必要がありますね

もう少し継続してみましょう。
オリンピック直前の谷間に入るので大きな動きにはならないと思います。
休日はアウトドアも暑くて億劫です。

多分1日中自宅リフォームとゲーム三昧ですね
これからの60代はインベーダやMSX、ファミコンで遊んできた世代ですので
今後ゲーム市場は時間を持て余す年寄りにも支持されていくことでしょう
ゲートボール世代は絶滅寸前かしら?

そこでenish、今週実際に買ってみようかとも思います。
しばらくもみ合いかもしれませんけどね
75日線でサポされていけばOKです。
1964年の東京五輪は敗戦から19年、高速道路、新幹線、所得倍増、戦後は終わ
った象徴の証となりました
今回の五輪は今後どう評価されるでしょうか?
10年以上たってもいまだ仮設住宅生活、20年以上続くデフレ、国として再起不
能を象徴していくものになったりするんでしょうか

さてenishを買いましたが週足雲を突破するのにまだ時間がかかりそうなので変
更いたします
三菱製紙はすでに持ってますが、これは週足雲中で小動きですね
しかし雲は間もなく薄くなり視界良好が見えだしてますのでこれ行きましょう

ペーパーレス化で業界の再編は否応なしですね
三菱組の中でも歴史がある生え抜きでしたがシノギのまずさから王子組に行儀
見習いに出されてます
あくまでも三菱の代紋にこだわってこのまま半グレで行くんでしょうか
何かと反社会的行為が表面化する三菱組ですが組内での相互補助には定評があ
ります、しかし将来を見据えるならこのまま王子組から盃もらって心機一転
表舞台(市場)から身を引いて下足番からやり直すのもいいと思うんですが
- 一旦人間界に降臨したvirusは永久に共存していきますので、今後も死人が出る
のは当たり前
毎年インフルエンザで多くの人が死んでますがニュースにもなりませんよね
そういう意識改革が必要ですが日本人は最後の最後までマスクを離さないんで
しょうねww
人間の進化のためには免疫力が弱い遺伝子を駆除していくのが生物学的にも理
にかないます
マスクを外して経済活動優先にするべきですね
virusで人類滅亡などありませんから

さて三菱製紙、今週は週足雲抜けとなりますので継続いたします。
やっと、うっとうしい五輪が終わってくれました。
やはりおなじみの「日本すげー!」でしたね

先進国で経済成長、個人所得が最低Lv
逆に財政支出、国会議員報酬は超一流国
にもかかわらず神経質にマスクをし一向に経済優先政策を取らない

外来者から褒められたのはコンビニと自動販売機
昔からあるものですからもはや日本に褒めるものがなくなったと言ことです
これ無駄に電力を消費してる代表格ですね
コンビニは安い賃金で多くのオペレーションを強いるしオーナーの奴隷奉公で
成り立っています

これらを維持しながら原発を止めてどうやってEV化を進めるんでしょうね
有害物質をたっぷり含みリサイクル法も確立されていない太陽パネルを進めて
いくようですけど
非効率極まりないですね
ちょっとほこりや鳥の糞が付着しただけで発電効率がガタ落ちですし
個人の住宅で常にメンテなど出来ませんし寿命が来た時の廃棄が設置より高額
になってくる可能性も高いです

日本以外の賢い国は自販機、コンビニは褒めても自分の国には同じものは作り
ません、日本人は日本だかできると自慢してるみたいですけどね、物は言いよ
うですねww

さて三菱紙、3月に勇み足で買われてますのでこれがある程度整理されてからだ
と思います
このまま継続いたしましょう。
5年後、家庭にはコロナ検査キット、治療薬、酸素吸入器が常備され
自分で注射も打てるようになり
病院はいかずにリモートでコロナ専門診断施設の診断を受ける
感染は常に当たり前となり「今年3度目だ〜〜」
と笑って話せるようになるのかも
もはやニュースにもならないそんな社会がBESTですね
(virus自体はなくならないので)
多分医療システム自体も大きく変わり
これには新たな新事業も期待できそうです

さて日経が下落トレンドなので上がってもすぐに売り込まれるシーソー相場が
続くのかもしれませんが
このまま継続いたしましょう
- 先ごろ暴力団組長に死刑判決が出て多くの国民が喜んでたんではないでしょう
か、しかしこれはこれで問題が多いですよね
日本のようなお子様法治国家では環境整備が全く整っておりません
法の下の平等なんかあったものじゃないですね
政治家の犯罪なんか秘書が勝手にやったといって言い逃れる
公務員、企業でも悪事が露見しても下っ端が切られてそれでお終い
日本独特の縦社会では至る所でこの理不尽がまかり通ります
甲子園球児の不祥事も徹底的に調べれば、飲酒、喫煙、先輩の後輩いじめ暴力
など当たり前の縦社会ですよね
ほとんどの高校がアウトです!
国技の相撲も新弟子に対するしごき暴力を「かわいがり」と称する名称まであ
る社会です
これらを放置して暴力団だけ不当判決はないでしょう

もっと言うなら美空ひばりの国民栄誉賞も剝奪しなければなりませんよ

日本最大の広域暴力団組長を最後まで擁護し生涯家族同様に交際したわけです
し、法が組長を最大犯罪者とする判例が出たわけですから

しかし多分これらは何事もなく放置されわけのわからない矛盾放置(法治)国
家を続けるんでしょうww
つくづくアホな国です

さて、三菱紙そろそろ上放れてくれてもいいような感じ、このまま継続してみ
ましょう
日本は先進国一の落ちぶれ国ですがここまで落ちぶれれば普通なら欧米諸国の
草刈り場となるはずなんですが
ガラパゴスローカルルールが進出を阻んでおりますね
日本独特の雇用環境、許認可、バカバカしくてどんなに安くても買い手は現れ
ません、つまるところグローバル資本主義国ではないんですよね

そんな中、対馬を買い占めている韓国、北海道にどんどん資本投下してエリア
を拡大してる中国には目的はどうであれ感謝しないといけません
私の評価では日本より中国のほうが立派な資本主義国ですので応援しておりま

北海道、沖縄などは今までの地方経済政策を振り返っても日本である限りは経
済的浮上は絶望です
自立行政を認めればまだチャンスはありますが
(海外では北海道並みの経済規模で立派に運営している国が存在いたします)
省益重視の官僚利権国家では無理でしょう

いま中国資本に手を引かれると北海道の金融、市町村は大打撃ですし
今後、北海道とは相思相愛になってくるはずです
私が生きているうちに是非、中国経済特別自治区北海道の実現を果たしてほし
いものです
それと沖縄の中国支援独立も支持しております
勢いのある資本主義国が経済圏を広げていくのは当然であります
デフレを何十年も放置して国民に貧しくなったと実感させないイカサマ国が資
本主義であるわけないですよね

さて三菱紙、ペーパーレス化による紙需要減は株価に織り込んでおります
脱プラ化による代替え紙需要はまだ織り込んでおりません
現在の足踏み株価位置は絶好の買い増し場と判断して買っております
急激な人口減少が進んでいるというのに
それに合わせた国家運営を変えようとしない救いようがない国です
もはや手遅れ感が強く円の国際通貨が外れるとアジア最貧国へ向かいます
人口増加の対策はありません
(移民を認めれば別ですが官僚制度が崩壊しますのでアホ役人は認めません)
ので国家運営自体を変化させる必要があるわけです

モデルケースを上げると
イスラエルは人口870万人ほど
世界トップクラスの国防軍、情報収集能力、高Lvハイテク産業、教育
男女平等、強い政治力を保持してます
これを大阪府よりやや多いくらいの経済規模で実現しているわけです

ちなみに私は人口減少大歓迎で6500万人位がこの国でちょうどいいキャパと感
じています
根拠は本来住んではいけない傾斜地に住まなくてはならない人が大勢いて土砂
崩れで毎年ご臨終まつりが開催されますね
システムを変えて豊かに暮らせる国にしたいんですけど
オリンピックで莫大な赤字垂れ流してる国に出来そうもありませんねww

さて三菱紙、出来高が多いわけではありませんがしっかりと値をキープできて
おりますので期待しましょう
リーグ 出場者 銘柄(コード) 始値 終値 節の成績 通算成績
第1節 m ビビ太郎 enish(3667) 615円 566円 -7.97% -7.97%
第2節 m ビビ太郎 enish(3667) 566円 573円 1.24% -6.83%
第3節 m ビビ太郎 enish(3667) 573円 563円★ -1.75% -8.46%
第4節 m ビビ太郎 三菱製紙(3864) 357円 364円 1.96% -6.67%
第5節 m ビビ太郎 三菱製紙(3864) 364円 367円 0.82% -5.90%
第6節 m ビビ太郎 三菱製紙(3864) 367円 364円 -0.82% -6.67%
第7節 m ビビ太郎 三菱製紙(3864) 364円 348円 -4.40% -10.77%
第8節 m ビビ太郎 三菱製紙(3864) 348円 354円 1.72% -9.23%
第9節 m ビビ太郎 三菱製紙(3864) 354円 371円 4.80% -4.87%
第10節 m ビビ太郎 三菱製紙(3864) 371円 384円 3.50% -1.54%
第11節 m ビビ太郎 三菱製紙(3864) 384円 390円 1.56% -0.00%
第12節 m ビビ太郎 三菱製紙(3864) 390円 383円 -1.79% -1.79%
      節あたりの上昇率     -0.152%  

★ 手仕舞い無し銘柄変更のため終値は次節始値となっています。

※ 太字の銘柄コードの上にマウスを乗せると直前メールの内容が参照できます。

※ 銘柄コードをクリックするとYahooチャートへリンクします。

※ 節あたりの上昇率={(1+通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ