曽瀬海三

プロファイル

レース成績

レース成績

全通算成績 -48.68%
(=0.51倍)
節あたりの上昇率 -0.193%
支持率
(完全優勝賞金予定額)
1.7%
(20.0万円)
レース(節数) リーグ 節あたりの
上昇率
通算成績 確率 利用頻度
勝率 +10%以上 -10%以下 空売り 低位株
全レース平均(346) - -0.193% 3.92% 0.457(158)
0.081(28)
0.061(21)
0.000(0)
0.090(31)
2020年新春レース(12) p -0.999% -11.35% 0.500(6)
0.167(2)
0.250(3)
0.000(0)
0.000(0)
2019年秋季レース(13) p 0.190% 2.50% 0.692(9)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年夏季レース(13) m 0.983% 13.56% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年春季レース(12) m -0.449% -5.24% 0.667(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年新春レース(12) m 1.117% 14.25% 0.667(8)
0.083(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2018年秋季レース(7) p -7.097% -40.26% 0.143(1)
0.000(0)
0.286(2)
0.000(0)
0.000(0)
2018年夏季レース(12) m 1.671% 22.01% 0.583(7)
0.167(2)
0.000(0)
0.000(0)
0.083(1)
2018年春季レース(13) p -2.425% -27.31% 0.385(5)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2018年新春レース(13) m 1.577% 22.60% 0.692(9)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2017年秋季レース(13) o 2.740% 42.09% 0.769(10)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年夏季レース(13) m -1.950% -22.59% 0.462(6)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2017年春季レース(13) m 0.096% 1.24% 0.308(4)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年新春レース(13) o 1.202% 16.81% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年夏季レース(11) o -4.745% -41.41% 0.091(1)
0.000(0)
0.091(1)
0.000(0)
0.000(0)
2016年春季レース(13) o 0.103% 1.36% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.077(1)
2016年新春レース(13) m -1.303% -15.67% 0.308(4)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
1.000(13)
2015年秋季レース(13) o 2.289% 34.21% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
1.000(13)
2015年夏季レース(13) m -3.431% -36.48% 0.077(1)
0.000(0)
0.154(2)
0.000(0)
0.077(1)
2015年春季レース(13) o 1.609% 23.08% 0.308(4)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年新春レース(13) o -0.303% -3.86% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年春季レース(13) o -0.029% -0.36% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年新春レース(13) m -3.127% -33.84% 0.154(2)
0.000(0)
0.154(2)
0.000(0)
0.077(1)
2013年秋季レース(13) o 1.417% 20.07% 0.615(8)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2013年夏季レース(13) m 0.035% 0.48% 0.385(5)
0.231(3)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
2013年春季レース(13) p -4.203% -42.78% 0.308(4)
0.077(1)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
2013年新春レース(13) m 7.931% 169.69% 0.692(9)
0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.077(1)
2012年秋季レース(13) o 3.018% 47.19% 0.615(8)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2011年春季レース(7) o -7.115% -40.35% 0.143(1)
0.000(0)
0.143(1)
0.000(0)
0.000(0)

※ 低位株:株価100円未満の銘柄

※ 節あたりの上昇率={(1+全通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ

2020年新春レース

節の成績

勝率 0.500
節あたりの上昇率 -0.999%
通算成績 -11.35%
 年明け1/2(木)のNYダウは、終値が前日比+330.36ドル(+1.16%)の28,868.80
ドルと絶好調であったが、米国によるイランのスレイマーニー司令官暗殺を受
け、翌3(金)終値は、同-233.92ドル(-0.81%)の28,634.88ドルとなった。
 こちらで「買い」を選択していたIJTT(7315)は、昨年末12/30(月)に前
日比+4円(+0.53%)と、やや上げた。そのまま継続し、同日から1/6(月)までの
上げ分を確保しようと思っていたところ、状況は一変した。
 さて今節、有事関連銘柄と云われる石川製作所(6208)の「買い」を選択する
と、6(月)の寄りが天井になることもあり得る。
 日経平均株価は下がって始まるだろうが、その近辺が底値になるかもしれ
ず、日経ベア2倍の各種はあぶない。
 様子見で、日経平均ベア上場投信(1580)、つまりベア1倍の「買い」か。
 「様子見」をする場合、日経平均の「ブル」と「ベア」のどちらを選択すべ
きか。
 前節は、日経平均ベア上場投信(1580)、つまりベア1倍の「買い」を選択。
1/6(月)始値が3,820円、同終値は3,840円。ここで確定しようと思ったが持ち
越し、翌7(火)終値が3,770円となったときは焦った(全体にとっては「上げ」
なので良いことだが)。
 しかし日本時間8(水)早朝、イランが駐イラク米軍施設にミサイルを発射し
たとの報道があり、再度緊張。ベア1倍の寄り前の気配が上昇したため、ここ
で確定。3,840円であったため、結局6(月)終値と同値になった。「始値/終値
ベース」ではこの3,840円が先週の再高値であったため良しとするが、ベア
1倍でさえも一喜一憂する週だった。
 今節は、アルテリア・ネットワークス(4423)の「買い」。企業やマンション
向けのインターネットサービスを展開。楽天(4755)などからのレンタル需要が
見込める。丸紅(8002)が50.00%を保有、親子上場解消期待もある。
 今節は、親子上場解消期待銘柄から、JSP(7942)。
 三菱ガス化学(4182/登記上の商号:三菱瓦斯化学株式会社)が51.00%の株式を
保有している(2019/9月時点)。
 新型コロナウイルス問題は、相場あるいは実体経済に影響するか?
 親子上場解消期待銘柄は買い継続でよいとも思うが、ここは様子見で、日経
平均ベア上場投信(1580)、つまりベア1倍の「買い」を選択します。
 2/3(月)に上海証券取引所が再開する。前節と同じく、日経平均ベア上場投
信(1580)の「買い」を選択しようとも思うが、日経平均は同日寄付が底値付近
になることも考えられる。
 そこで、金価格連動型上場投資信託(1328)の「買い」で様子見とします。
 「いまにして思えば」だが、前節にダイハツディーゼル(6023)の「買い」を
選択していると、2/3(月)始値582円、7(金)始値715円で、節の成績は+22.85%
であった。1/31(金)終値から2/3(月)始値にかけて急落した銘柄は、戻しが急
速なものが多い。
 今節は、栄研化学(4549)の「買い」。ビル・ゲイツ氏の財団が出資する基金
と、検査法を共同開発した経緯がある。
 栄研化学(4549)は、2/7(金)終値2,320円に対し10(月)始値2,520円。+8.62%
と高く寄り付いたのがわざわいしてか、直後2,600円まで上げたものの続か
ず、13(木)終値は2,215円まで下げた。
 14(金)引け後、「LAMP 法を利用した新型コロナウイルス検出試薬開発につ
いて」とのニュースリリースを発表(下記参照)。ビル・ゲイツ氏の財団が出
資する基金と検査法を共同開発した経緯もあり、今後の動きが見ものである。
 「買い」を継続します。
http://www.eiken.co.jp/news/pdf/20200214-1.pdf
 栄研化学(4549)は、2/14(金)終値2,258円に対し、17(月)始値2,400円、終値
2,485円。その時点で前日比(節の成績)+10.05%。翌18(火)始値は2,450円と
やや下げたため、今思うと、ここで確定すべきだった。
 今節は、下記の新型コロナウイルス検出試薬が世間的に話題となると考え、
「買い」を継続します。

2/14(金)付
「LAMP 法を利用した新型コロナウイルス検出試薬開発について」
http://www.eiken.co.jp/news/pdf/20200214-1.pdf
 2/29(土)の安倍首相の記者会見で「アビガン」の名が出た。アビガンは、新
型インフルエンザの治療薬で、新型コロナウイルス感染症の患者に対して投与
を開始しているという。
 アビガンは、富士フイルム富山化学が製造元で、同社は富士フイルム株式会
社が100%の株式を持つ。
 富士フイルムホールディングス(4901)の前節は、2/25(火)始値5,600円、直
後の5,890円が週の最高値となり、28(金)は終値5,277円と、25(火)始値に比べ
て-5.77%となった。今節はどうなるか。
 LAMP法を利用した新型コロナウイルス検出試薬を開発している栄研化学
(4549)も、引き続き注目。
 新型コロナウイルスに対して効果が期待される治療薬は、次の3つのようだ
(2/27(金)「日経ビジネス」電子版より一部追加)。

薬の名称
製造元

アビガン(一般名:ファビピラビル)
富士フイルム富山化学
(富士フイルムホールディングス(4901)関連)

レムデシビル
米ギリアド・サイエンシズ(GILD)

カレトラ(リトナビルとロピナビルの合剤)
米アッヴィ(ABBV)

 こちらでは、富士フイルムホールディングス(4901)の「買い」を継続し、
じっと待つ。
 トランプ米大統領が3/13(金)15時30分(日本時間14(土)4時30分)頃からの
記者会見で、新型コロナウイルスに対して最大500億ドルの資金活用などを表
明し、NYダウ終値は前日比+1,985.00ドル(+9.36%)の23,185.62ドルとなった。
 しかしこの土日、欧州の状況が厳しくなった。日本の株式市場は16(月)始値
のあとどう動くか、始まってみないと分からない。
 東京五輪が延期となる知らせがあった場合、あく抜けで関連株は上昇すると
も思えるが、中止となることも考えられる。
 さて、新型コロナウイルスに対して効果が期待される治療薬は、前週同様、
次の3つのようだ(2/27(金)「日経ビジネス」電子版より一部追加)。

【薬の名称】
→【製造元】
アビガン(一般名:ファビピラビル)
→富士フイルム富山化学(富士フイルムホールディングス(4901)関連)
レムデシビル
→米ギリアド・サイエンシズ(GILD)
カレトラ(リトナビルとロピナビルの合剤)
→米アッヴィ(ABBV)

 アビガンの続報に期待し、富士フイルムホールディングスの「買い」継続。
 「信じること」も必要。
 富士フイルムホールディングス(4901)の「買い」を継続したが、中国でアビ
ガンの新型コロナウイルスに対しての有効性が確認され、3/18(水)の始値はス
トップ高の5,238円、終値も同値となった。翌19(木)の始値5,149円で確定。終
値は4,794円(前日比-8.48%)だったが、20(金/日本は休場)のADR(円換算)終値
は5,005円、19(木)東証終値比は+4.40%。
 なお、新型コロナウイルスに対して効果が期待される治療薬には、米大統領
の発言により、「ヒドロキシクロロキン + アジスロマイシン」が以下に加
わった。

【薬の名称】
→【製造元】
アビガン(一般名:ファビピラビル)
→富士フイルム富山化学(富士フイルムホールディングス(4901)関連)
レムデシビル
→米ギリアド・サイエンシズ(GILD)
カレトラ(リトナビルとロピナビルの合剤)
→米アッヴィ(ABBV)
 (2/27(金)「日経ビジネス」電子版より一部追加)

 今節は「(NEXT FUNDS)日経平均高配当株50指数連動型ETF(1489)」の
「買い」を選択します。「手堅い」となるかどうか。
リーグ 出場者 銘柄(コード) 始値 終値 節の成績 通算成績
第1節 p 曽瀬海三 日経平均ベア上場投信(1580)01/08寄り確定 3820円 3840円 0.52% 0.52%
第2節 p 曽瀬海三 アルテリア・ネットワークス(4423) 1907円 1871円★ -1.89% -1.38%
第3節 p 曽瀬海三 JSP(7942)01/24引け確定 1930円 2004円 3.83% 2.40%
第4節 p 曽瀬海三 日経平均ベア上場投信(1580)01/28寄り確定 3810円 3835円 0.66% 3.07%
第5節 p 曽瀬海三 金価格連動型上場投資信託(1328)02/04寄り確定 4460円 4480円 0.45% 3.53%
第6節 p 曽瀬海三 栄研化学(4549) 2520円 2258円 -10.40% -7.23%
第7節 p 曽瀬海三 栄研化学(4549) 2258円 2240円 -0.80% -7.97%
第8節 p 曽瀬海三 栄研化学(4549) 2240円 1998円★ -10.80% -17.91%
第9節 p 曽瀬海三 富士フイルムホールディングス(4901) 5270円 5240円 -0.57% -18.38%
第10節 p 曽瀬海三 富士フイルムホールディングス(4901) 5240円 4299円 -17.96% -33.04%
第11節 p 曽瀬海三 富士フイルムホールディングス(4901)03/19寄り確定 4299円 5149円 19.77% -19.80%
第12節 p 曽瀬海三 (NEXT FUNDS)日経平均高配当株50指数連動型ETF(1489)03/26寄り確定 24880円 27500円 10.53% -11.35%
      節あたりの上昇率     -0.999%  

★ 手仕舞い無し銘柄変更のため終値は次節始値となっています。

※ 太字の銘柄コードの上にマウスを乗せると直前メールの内容が参照できます。

※ 銘柄コードをクリックするとYahooチャートへリンクします。

※ 節あたりの上昇率={(1+通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ