曽瀬海三

プロファイル

レース成績

レース成績

全通算成績 -35.38%
(=0.65倍)
節あたりの上昇率 -0.103%
支持率
(完全優勝賞金予定額)
4.8%
(20.0万円)
レース(節数) リーグ 節あたりの
上昇率
通算成績 確率 利用頻度
勝率 +10%以上 -10%以下 空売り 低位株
全レース平均(424) - -0.103% 4.07% 0.472(200)
0.075(32)
0.054(23)
0.000(0)
0.073(31)
2021年夏季レース(12) m 0.391% 4.79% 0.500(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2021年春季レース(13) p -1.481% -17.63% 0.308(4)
0.077(1)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2021年新春レース(13) p 0.400% 5.34% 0.692(9)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2020年秋季レース(13) p 0.533% 7.20% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2020年夏季レース(13) p 0.916% 12.61% 0.615(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2020年春季レース(13) p 1.458% 20.70% 0.615(8)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2020年新春レース(13) p -1.304% -15.69% 0.462(6)
0.154(2)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
2019年秋季レース(13) p 0.190% 2.50% 0.692(9)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年夏季レース(13) m 0.983% 13.56% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年春季レース(12) m -0.449% -5.24% 0.667(8)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年新春レース(12) m 1.117% 14.25% 0.667(8)
0.083(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2018年秋季レース(7) p -7.097% -40.26% 0.143(1)
0.000(0)
0.286(2)
0.000(0)
0.000(0)
2018年夏季レース(12) m 1.671% 22.01% 0.583(7)
0.167(2)
0.000(0)
0.000(0)
0.083(1)
2018年春季レース(13) p -2.425% -27.31% 0.385(5)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2018年新春レース(13) m 1.577% 22.60% 0.692(9)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2017年秋季レース(13) o 2.740% 42.09% 0.769(10)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年夏季レース(13) m -1.950% -22.59% 0.462(6)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2017年春季レース(13) m 0.096% 1.24% 0.308(4)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年新春レース(13) o 1.202% 16.81% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年夏季レース(11) o -4.745% -41.41% 0.091(1)
0.000(0)
0.091(1)
0.000(0)
0.000(0)
2016年春季レース(13) o 0.103% 1.36% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.077(1)
2016年新春レース(13) m -1.303% -15.67% 0.308(4)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
1.000(13)
2015年秋季レース(13) o 2.289% 34.21% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
1.000(13)
2015年夏季レース(13) m -3.431% -36.48% 0.077(1)
0.000(0)
0.154(2)
0.000(0)
0.077(1)
2015年春季レース(13) o 1.609% 23.08% 0.308(4)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年新春レース(13) o -0.303% -3.86% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年春季レース(13) o -0.029% -0.36% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年新春レース(13) m -3.127% -33.84% 0.154(2)
0.000(0)
0.154(2)
0.000(0)
0.077(1)
2013年秋季レース(13) o 1.417% 20.07% 0.615(8)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2013年夏季レース(13) m 0.035% 0.48% 0.385(5)
0.231(3)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
2013年春季レース(13) p -4.203% -42.78% 0.308(4)
0.077(1)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
2013年新春レース(13) m 7.931% 169.69% 0.692(9)
0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.077(1)
2012年秋季レース(13) o 3.018% 47.19% 0.615(8)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2011年春季レース(7) o -7.115% -40.35% 0.143(1)
0.000(0)
0.143(1)
0.000(0)
0.000(0)

※ 低位株:株価100円未満の銘柄

※ 節あたりの上昇率={(1+全通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ

2021年夏季レース

節の成績

勝率 0.500
節あたりの上昇率 0.391%
通算成績 4.79%
 今節は、タムラ製作所(6768)の「買い」を継続。7/1(木)、2(金)と日足陽線
が続いたのが手掛かり。2(金)終値は857円。皮算用では、6/23(水)に付けた
1,127円まで、+31.51%の余地がある。
 他には、黒田精工(7726/東2)に注目。……などと記すと、こっちのほうが騰
がりそうなのだが。
 日経平均株価の先週7/5(月)から9(金)までの前日比は、それぞれ
-185.09円、+45.02円、-276.26円、-248.92円、-177.61円。
-0.64%、+0.16%、-0.96%、-0.88%、-0.63%。

 対して、タムラ製作所(6768)のそれは、
+26円、+37円、+14円、-41円、+32円。
+3.03%、+4.19%、+1.52%、-4.39%、+3.58%。
 異彩高となった。9(金)の終値は925円。6/23(水)に付けた1,127円まで、
+21.84%の余地がある。「買い」を継続。

 前節記した黒田精工(7726/東2)は、7/9(金)終値が前日比+146円(+5.76%)の
2,682円となった。引き続き注目。
 7/16(金)終値は、日経平均株価が前日比-276.01円(-0.98%)の28,003.08円で
あったのに対し、タムラ製作所(6768)は同+44円(+4.97%)の930円と、逆行高。
 タムラ製作所が異彩なのか、日経平均が売り込まれているのか。
 16(金)終値930円は、6/23(水)に付けた1,127円まで、+21.18%の余地あり。
「買い」を継続。
 CKD(6407)の「買い」を選択。低位置にあり、7/20(火)、21(水)と前日比
プラスかつ日足陽線が続いた。
 今節は三洋化成工業(4471)の「買い」。次世代型全樹脂電池を開発着手との
こと。1Q決算予定は、8/3(火)。
 決算発表期は難しい。前節選択した三洋化成工業(4471)は、8/3(火)に1Q決
算を発表、その後安く推移している。
 前々節選択したCKD(6407)の1Q決算発表予定は、8/11(水)。
 どちらか迷ったが、CKDの「買い」を選択。自動機械の大手で、薬品包装
機、半導体用薬液制御機器などを手掛ける。
 決算発表後に売られたあと、しばらくして上昇するパターンがあるようだ。
 三洋化成工業(4471)もそのようで、8/3(火)引け後の1Q決算発表後から下降
したが、10(火)にひとまずの底を付け、上昇に転じている。
 ここでは第5節(8/2の週)に「買い」を選択したが、その後各所で知られる
ようになってきた。バイポーラ型全樹脂リチウムイオン電池を手掛けている。
 前節選択したCKD(6407)は8/11(水)引け後に1Q決算を発表後、やはり下降
中。どこで転じるか。
 決算発表後に売られたあと、しばらくしてその価値を見直され、反発すると
考え、三洋化成工業(4471)の「買い」を継続。
 バイポーラ型全樹脂リチウムイオン電池を手掛けている。
 今節は、NSユナイテッド海運(9110)の「買い」。2010年に、新和海運が日
本製鉄(5401)系の日鉄海運を吸収合併してできた。
 3月末時点での持ち株比率は、日本製鉄32.79%、日本郵船18.04%。
 NSユナイテッド海運(9110)の「買い」を継続。
 現在「2022年3月期の期末配当は未定」とのことで、突然の配当発表を考慮
する。
 東邦亜鉛(5707)は、10/1(金)実施の日経平均銘柄入れ替えで除外される見方
が強かったが、6(月)に継続となった。翌7(火)にとどまらず上昇が続き、
10(金)終値は2,711円。6(月)終値2,202円と比べて、+23.12%となっている。
 急ピッチにも見えるが、2018/1/12(金)には6,880円を付けている。
 前節「買い」を選択した東邦亜鉛(5707)は、9/17(金)寄付の3,065円を高値
に急落、前場に2,791円まで下げた。その後戻して終値は2,908円。同日の日足
は大きな下ヒゲを付けている。
 一方、その前に2節にわたって買い選択のNSユナイテッド海運(9110)は、
13(月)始値3,835円、17(金)終値5,280円で、その比は+37.68%。ピークは過ぎ
たと思い外したが、分からないものである。
 日経平均CFDの動きを見ると、21(火)は多くの銘柄が下げから始まると思う
が、そこからの巻き返しを考え、東邦亜鉛(5707)の「買い」を継続。
リーグ 出場者 銘柄(コード) 始値 終値 節の成績 通算成績
第1節 m 曽瀬海三 タムラ製作所(6768) 857円 925円 7.93% 7.93%
第2節 m 曽瀬海三 タムラ製作所(6768) 925円 930円 0.54% 8.51%
第3節 m 曽瀬海三 タムラ製作所(6768) 930円 915円★ -1.61% 6.76%
第4節 m 曽瀬海三 CKD(6407) 2272円 2233円★ -1.72% 4.93%
第5節 m 曽瀬海三 三洋化成工業(4471) 5950円 5750円★ -3.36% 1.40%
第6節 m 曽瀬海三 CKD(6407) 2380円 2229円★ -6.34% -5.03%
第7節 m 曽瀬海三 三洋化成工業(4471) 6080円 5760円 -5.26% -10.03%
第8節 m 曽瀬海三 三洋化成工業(4471) 5760円 5820円★ 1.04% -9.09%
第9節 m 曽瀬海三 NSユナイテッド海運(9110) 3625円 3560円 -1.79% -10.72%
第10節 m 曽瀬海三 NSユナイテッド海運(9110)09/07寄り確定 3560円 3895円 9.41% -2.32%
第11節 m 曽瀬海三 東邦亜鉛(5707) 2735円 2908円 6.33% 3.86%
第12節 m 曽瀬海三 東邦亜鉛(5707)09/24寄り確定 2908円 2934円 0.89% 4.79%
      節あたりの上昇率     0.391%  

★ 手仕舞い無し銘柄変更のため終値は次節始値となっています。

※ 太字の銘柄コードの上にマウスを乗せると直前メールの内容が参照できます。

※ 銘柄コードをクリックするとYahooチャートへリンクします。

※ 節あたりの上昇率={(1+通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ