曽瀬海三

プロファイル

レース成績

レース成績

全通算成績 -56.96%
(=0.43倍)
支持率
(完全優勝賞金予定額)
0.0%
(20.0万円)
レース(節数) リーグ 節の平均成績 通算成績 確率 利用頻度
勝率 +10%以上 -10%以下 空売り 低位株
全レース平均(219) - -0.33% 3.68% 0.384(84)
0.087(19)
0.064(14)
0.000(0)
0.137(30)
2017年夏季レース(6) m -5.95% -33.10% 0.333(2)
0.000(0)
0.167(1)
0.000(0)
0.000(0)
2017年春季レース(13) m 0.53% 1.24% 0.308(4)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年新春レース(13) o 1.24% 16.81% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年夏季レース(11) o -3.70% -41.41% 0.091(1)
0.000(0)
0.091(1)
0.000(0)
0.000(0)
2016年春季レース(13) o 0.17% 1.36% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.077(1)
2016年新春レース(13) m -0.91% -15.67% 0.308(4)
0.154(2)
0.077(1)
0.000(0)
1.000(13)
2015年秋季レース(13) o 2.56% 34.21% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
1.000(13)
2015年夏季レース(13) m -3.30% -36.48% 0.077(1)
0.000(0)
0.154(2)
0.000(0)
0.077(1)
2015年春季レース(13) o 2.02% 23.08% 0.308(4)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年新春レース(13) o -0.23% -3.86% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年春季レース(13) o 0.05% -0.36% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2014年新春レース(13) m -2.98% -33.84% 0.154(2)
0.000(0)
0.154(2)
0.000(0)
0.077(1)
2013年秋季レース(13) o 1.81% 20.07% 0.615(8)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2013年夏季レース(13) m 0.77% 0.48% 0.385(5)
0.231(3)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
2013年春季レース(13) p -3.26% -42.78% 0.308(4)
0.077(1)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
2013年新春レース(13) m 8.69% 169.69% 0.692(9)
0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.077(1)
2012年秋季レース(13) o 3.22% 47.19% 0.615(8)
0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2011年春季レース(7) o -6.61% -40.35% 0.143(1)
0.000(0)
0.143(1)
0.000(0)
0.000(0)

※ 低位株:株価100円未満の銘柄

ページ先頭へ

2017年夏季レース

節の成績

勝率 0.333
節平均成績 -5.95%
通算成績 -33.10%
 前節選択したエス・サイエンス(5721)が、6/29(木)に前日比+27.84%、
30(金)に同+11.29%と急騰した。このため、28(水)の「節の成績」は-20%以下
だったのが、最終的に+1.24%。この2日間のおかげで、メインリーグ残留とな
った。現実ではとても取れない作戦だが、まさに起死回生。
 今節は「原油ブル2倍」、正式には「NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブ
ル・ブル ETN」(2038)の「買い」。このところ歴史的安値圏にあったが、
6/22(木)の安値が746円、30(金)終値845円と、上昇しつつある。
 「週の初めのほうで売り」の原則は先週も生きていたようだ。
 ここでは「原油ブル2倍」、正式には「NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブ
ル・ブル ETN」(2038)の「買い」を選択。7/3(月)始値が876円。4(火)始値の
914円で売れば、「節の成績」は+4.34%で確定したのであるが、週末まで引っ
張り、7(金)終値が848円、「節の成績」は-3.20%となってしまった。
 前節は芦森工業(3526)など、仕手株のような動きをするものが引き続きあっ
た。同銘柄は、3(月)始値が303円。5(水)始値の476円で売れば、「節の成績」
はなんと+57.10%。
 しかしタカタ(7312) の代替は、日本プラスト(7291/東2)であると思い、同
銘柄は地味に上昇しているため、今節はその「買い」を選択します。
 それにしても気になるのは、ヒアリ関連でフマキラー(4998/東2)。10(月)は
高く寄ると思うが、その先はどちらに出るか?
 低位株が突然跳ねることが最近多いため、ミナトホールディングス(6862)
の「買い」を思い切って選択します。
 半導体や液晶の製造・販売という、旬の業種ではある。
 リチウムイオン電池関連の銘柄が上昇しはじめているところに、7/22(土)、
トヨタ自動車(7203)が中国で電気自動車(EV)を量産する検討を始めたという
ニュースが流れた。特需が来る予感。
 そこで、リチウムイオン電池のセパレーター専業メーカーであるダブル・ス
コープ(6619)の「買い」を選択します。
 目先騰がり過ぎの感もあるが、21(金)終値は2,375円、2016/5/13(金)の
3,675円(分割を考慮)まで、+54.74%の上値余地がある。
 ダブル・スコープ(6619)の「買い」を前節選択。
 7/24(月)始値は、21(金)終値と同じ2,375円。終値の前日比が、24(月)
-3.24%、25(火)-2.26%となったときは焦ったが、26(水)+3.78%、27(木)+5.15%
と、盛り返した。ただし28(金)は同-2.28%。原則どおり「吹いたら売り」をす
べきであった。
 しかし「リチウムイオン電池のセパレーター専業メーカー」という同社の特
長は揺らぎようもなく、今節も継続。
 28(金)終値は2,395円、2016/5/13(金)の3,675円(分割を考慮)まで、
+53.44%の上値余地がある。
 いろいろとお騒がせのUKCホールディングス(3156)だが、増配により、配
当利回り(会社予想)が8/4(金)時点で、3.51%となった。
 日足チャートでは、大底から脱しつつあるように見える。
 9/15(金)に新社長就任、当面これ以上悪くはならないとみて、今節は同銘柄
の「買い」を選択します。
リーグ 出場者 銘柄(コード) 始値 終値 節の成績 通算成績
第1節 m 曽瀬海三 NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油 ダブル・ブル ETN(2038) 876円 830円★ -5.25% -5.25%
第2節 m 曽瀬海三 日本プラスト(7291) 1349円 1311円★ -2.82% -7.92%
第3節 m 曽瀬海三 ミナトホールディングス(6862) 119円 116円★ -2.52% -10.24%
第4節 m 曽瀬海三 ダブル・スコープ(6619) 2375円 2395円 0.84% -9.48%
第5節 m 曽瀬海三 ダブル・スコープ(6619) 2395円 1760円★ -26.51% -33.48%
第6節 m 曽瀬海三 UKCホールディングス(3156) 1735円 1745円★ 0.58% -33.10%
      平均     -5.95%  

★ 手仕舞い無し銘柄変更のため終値は次節始値となっています。

※ 太字の銘柄コードの上にマウスを乗せると直前メールの内容が参照できます。

※ 銘柄コードをクリックするとYahooチャートへリンクします。

ページ先頭へ