プロファイル

レース成績

レース成績

全通算成績 -28.36%
(=0.72倍)
支持率
(完全優勝賞金予定額)
1.5%
(20.0万円)
レース(節数) リーグ 節の平均成績 通算成績 確率 利用頻度
勝率 +10%以上 -10%以下 空売り 低位株
全レース平均(213) - -0.09% 0.15% 0.366(78)
0.038(8)
0.038(8)
0.014(3)
0.009(2)
2019年夏季レース(12) p -0.43% -5.74% 0.417(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年春季レース(12) p 1.41% 13.56% 0.417(5)
0.083(1)
0.083(1)
0.083(1)
0.083(1)
2019年新春レース(12) m 1.56% 18.67% 0.083(1)
0.083(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2018年秋季レース(13) o -0.45% -6.53% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2018年夏季レース(12) m -3.78% -38.75% 0.250(3)
0.000(0)
0.167(2)
0.000(0)
0.000(0)
2018年春季レース(13) p -1.06% -13.79% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2018年新春レース(13) p 0.26% 1.27% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年秋季レース(13) p 0.55% 5.62% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
2017年夏季レース(13) p 0.64% 8.00% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年春季レース(13) m 1.44% 18.49% 0.385(5)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.077(1)
2017年新春レース(13) o 1.45% 19.07% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年秋季レース(13) o 0.65% 8.36% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年夏季レース(13) o 0.62% 7.55% 0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年秋季レース(9) o -5.68% -44.37% 0.333(3)
0.000(0)
0.333(3)
0.000(0)
0.000(0)
2015年夏季レース(13) m -1.13% -16.80% 0.385(5)
0.077(1)
0.077(1)
0.077(1)
0.000(0)
2015年春季レース(13) m 1.10% 12.52% 0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年新春レース(13) o 1.36% 15.46% 0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)

※ 低位株:株価100円未満の銘柄

ページ先頭へ

2019年夏季レース

節の成績

勝率 0.417
節平均成績 -0.43%
通算成績 -5.74%
米中会談は一時停戦、協議継続で合意した模様=現状のままということは好感
されて株価は上昇するということはWインバースは下落する事ですので、ココ
が買い場ではないでしょうか?金融占星術的に今多くの惑星が逆行中にあり、
いよいよ来週からはメインの水星(金融の星)の逆行が始まります。予想外の
出来事が起こり、大荒れになりそうな7月中の感じです。
継続でお願いします、良過ぎた雇用統計で一時230ドルさげて、43ドル安で引け
ました。利下げを止めればドル高で日経も上がると思われナイトは小幅安で引
けました。
明日から水星の逆行(8/1日迄続きます)が始まり、金星以外の全ての惑星が
逆行で揃い踏みします、大きな下落局面の時と似ていますので注意をいた方が
いいと思います。7/8と10日にETFの換金売りがあります、日銀 はそれに備
えていると思われますが、、、
騰落レシオは121を超え、米のSPはPER18倍を超え(過去超えたら大きな下落)
ただ上記の事柄は範囲内の事ですので、何が起きても心構えはしておきたいの
でコツコツと下がれば買っていこうと考えています。
ダウが史上最高値を更新しているのに継続でお願いします、金融占星術的に言
うのも的外れ感アリアリですが16日が満月で月食にあたります(二つ揃うと以
前でしたら大きく動いていますので、、、)。日経が底打ちか天井かこの日を
境にどちらに動くか見極めたいと思います。
選挙が終わり日銀の忖度買いも一旦は終わり、米中の結果は出ない=日米交渉
へ飛でび火でかなり厳しい状況おかれると思われます。トランプは結果第一主
義ですので綾ゆいと感じます。
ダウは既にチキンゲームと化していますのである日突然終わるものですので、
その時には真っ先に日経がダウ、ナスダック以上に下げると思います。
ダウの信用買残は昨年の12月以来まで膨れ上がっていますので警戒し、
押し目買いで行きたいと考えています。
基本、中国経済の悪化、日本の内需の悪化、米国経済の鈍化、10月の消費税引
き上げ、オリンピック特需の剥落、トランプ政権の「ドル安政策」の影響で、
日経レバは押し目買いです。今週の8/2日が新月、(FRBの政策がポイントかも
?)ここら辺迄には一旦、大きく下落=(レバは上昇)と思います、又8/15日
の満月近辺も怪しいですが、、、日足チャートでは日経もTOPIXも25日線をかろ
うじて保っています。
流れが変わりましたね、7/23にダウはヒンデンブルグオーメンが点灯しました
。これは40日以内に暴落が起こると言われているサインです。直近では、5/
10に発生し、2018年の10月、今年の2月にも点灯しいずれも10%近くの下落で
した。
ダウは25000割れ、日経も連れ安しやすい状況で2万の攻防が8月一杯続き安い
と思われます。
もう少し引っ張ろーとおもいます、トランプのドル安政策で円高傾向、
テクニカル的には8/6のTOPIXは6/3の直近安値の1490を下回りました、
日経はPBR1倍の19500円もありかも?
上がれば少しづつ利確しつつ、下がれば押し目買いでいきます。

日本では10月に消費税率が10%に引き上げられ、増税規模は10年で50兆円に達
する巨大なものです。これと米、中貿易戦争が重なれば、リーマン級の金融危
機を招くこともありかも?
ダウが週末にドイツが金融緩和政策に変換と報じられて好感し上がりましたが
、ドイツ人は借金は大嫌いな人種ですのでドイツ新聞のシュピーゲルの報道は
薄商いの中でHFの格好の買い材料でした。
ここ10年は8月が一番安い月です、決算は10月迄ありませんでしたので、今月
中か9月迄弱い展開が続くと考えております。
7/16にダウが27398ドル8/1に米ドル/円が109.31と高値をつけていますので、
日柄的にまだ底打ち感はありません。ダウが下落すれば、それ以上に⤵
日経もしかりです。
トランプさんも今、株価を上げるより2020年の春に上がっていればOKですので
、もうしばらくはもみ合いし日経は一度は2万割れを明確に出なければ大底は感
じられないと思います。
しかしながら、海外要因(米中貿易戦争)でアメリカがリセッションしたこと
は過去にはありませんので、W インバースは週初めは絶好の押し目買いで、利
が乗れば利確し、下がれば(日経が上がる)買い増しで行こうと考えておりま
す。
月曜の朝は大荒れスタートに、NY引け後にトランプさんが中国に対抗して関税
引き上げを発表、これを最初に折込、日本市場、どうなるのでしょうか?
日経が2万割れはどうやら間違いなく、PBR 1倍の19000迄深堀するか?
とりあえず朝イチで一部利確するつもりです。(日経がもどれば=Wインバース
は下がる)ので押し目買いで望みたいと思います。
ただ、1997年のアジアショック前夜の雰囲気に似てきました。
しかも今や日銀が225銘柄の4割近くが筆頭株主の歪んだ状態ですので、嘘ばっ
かりの中国株と同じ状態ですので、海外投資家から敬遠されても仕方がありま
せんね。しかし逆に日銀は売らずに買ってくれますので、もう少しで底入れ感
が見えそうですが、、、。
8月末の20748円まで上がりましたが、8/9日の20782円まで戻りませんでしたの
で、継続でお願いします。8月は20000円処まで下支えされていましたが、本日
、米国が第4弾を発動し、中国も即時報復関税をしました。これでは貿易協議は
行われないのではないでしょうか?これをきっかけに下支え要因が消えました
ので、大きな下落が来てもおかしくないでしょう。
当銘柄で上がれば利確し、下がれば押し目買いで行こうと思います。
あっさり8/9の20782円を超え、週末のダウも上昇、21500円〜〜800円もありで
すが、此処までの上げで終わりで、あくまで暴落の前の上げと考えています。
日本の家計は実質収入の減少で消費を増やす余裕が無くなっている中で、10月
には消費税引き上げが行われ、中国向けなどアジア向け輸出の低迷、米国景気
の減速、ドル安・円高トレンドから内需の悪化、日本企業の収益は今後、悪化
すると思います。
残念ながら半分くらいは降格を覚悟しております。9/14日は
満月で大抵は満月で天井を付け新月までの9/29日は下落局面のパターンですが
この異常の上げの中には、マサカの黒田バズーカ18日にブチあげて4月の高値を
越える感じの上げです、10月からの消費税上げをも折り込み初めました。FRBと
日銀通過迄様子見です。その間にチャートに陰の包み足や並び黒等の下落サイ
ンが出ましたら、押し目買いをして時を待ちます。
リーグ 出場者 銘柄(コード) 始値 終値 節の成績 通算成績
第1節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1115円 1105円 -0.90% -0.90%
第2節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1105円 1109円 0.36% -0.54%
第3節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1109円 1130円 1.89% 1.34%
第4節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1130円 1109円 -1.86% -0.54%
第5節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1109円 1167円 5.23% 4.66%
第6節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1167円 1210円 3.68% 8.52%
第7節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1210円 1237円 2.23% 10.94%
第8節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1237円 1202円 -2.83% 7.80%
第9節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1202円 1198円 -0.33% 7.44%
第10節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1198円 1144円 -4.51% 2.60%
第11節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1144円 1057円 -7.60% -5.20%
第12節 p (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信(1357) 1057円 1051円 -0.57% -5.74%
      平均     -0.43%  

★ 手仕舞い無し銘柄変更のため終値は次節始値となっています。

※ 太字の銘柄コードの上にマウスを乗せると直前メールの内容が参照できます。

※ 銘柄コードをクリックするとYahooチャートへリンクします。

ページ先頭へ