プロファイル

レース成績

レース成績

全通算成績 -35.70%
(=0.64倍)
節あたりの上昇率 -0.139%
支持率
(完全優勝賞金予定額)
1.9%
(20.0万円)
レース(節数) リーグ 節あたりの
上昇率
通算成績 確率 利用頻度
勝率 +10%以上 -10%以下 空売り 低位株
全レース平均(317) - -0.139% 0.41% 0.356(113)
0.041(13)
0.044(14)
0.009(3)
0.006(2)
2021年夏季レース(12) p -2.581% -26.93% 0.250(3)
0.083(1)
0.167(2)
0.000(0)
0.000(0)
2021年春季レース(13) m 0.518% 6.95% 0.308(4)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2021年新春レース(13) m 0.117% 1.54% 0.308(4)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2020年秋季レース(13) p -2.189% -25.01% 0.231(3)
0.077(1)
0.231(3)
0.000(0)
0.000(0)
2020年夏季レース(13) p 2.628% 40.12% 0.462(6)
0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
2020年春季レース(13) m 1.717% 24.78% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2020年新春レース(13) o -0.052% -0.67% 0.154(2)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年秋季レース(13) m -1.100% -13.42% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年夏季レース(13) p -0.433% -5.47% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2019年春季レース(12) p 1.067% 13.56% 0.417(5)
0.083(1)
0.083(1)
0.083(1)
0.083(1)
2019年新春レース(12) m 1.437% 18.67% 0.083(1)
0.083(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2018年秋季レース(13) o -0.517% -6.53% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2018年夏季レース(12) m -4.000% -38.75% 0.250(3)
0.000(0)
0.167(2)
0.000(0)
0.000(0)
2018年春季レース(13) p -1.135% -13.79% 0.385(5)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2018年新春レース(13) p 0.096% 1.27% 0.385(5)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年秋季レース(13) p 0.422% 5.62% 0.538(7)
0.077(1)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
2017年夏季レース(13) p 0.594% 8.00% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2017年春季レース(13) m 1.314% 18.49% 0.385(5)
0.000(0)
0.077(1)
0.000(0)
0.077(1)
2017年新春レース(13) o 1.351% 19.07% 0.538(7)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年秋季レース(13) o 0.619% 8.36% 0.462(6)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2016年夏季レース(13) o 0.562% 7.55% 0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年秋季レース(9) o -6.307% -44.37% 0.333(3)
0.000(0)
0.333(3)
0.000(0)
0.000(0)
2015年夏季レース(13) m -1.405% -16.80% 0.385(5)
0.077(1)
0.077(1)
0.077(1)
0.000(0)
2015年春季レース(13) m 0.911% 12.52% 0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)
2015年新春レース(13) o 1.112% 15.46% 0.231(3)
0.077(1)
0.000(0)
0.000(0)
0.000(0)

※ 低位株:株価100円未満の銘柄

※ 節あたりの上昇率={(1+全通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ

2021年夏季レース

節の成績

勝率 0.250
節あたりの上昇率 -2.581%
通算成績 -26.93%
チャート的にかたちはあまりよくないですが、、、

研究機関や企業の実験施設向けに超高精度X線集光ミラーや自動細胞培養装置
などの理化学機器を製造販売する研究開発型企業だが、その独自の技術力に市
場でも評価が高まっている。あすから7月2日までの日程でパシフィコ横浜に
おいて「OPIE’21 レーザーEXPO2021」の開催が予定されており
、これも同社株の刺激材料となっている。また、半導体製造装置市場で急速に
立ち上がるEUV露光装置分野でも活躍が期待されている。EUV露光装置で
世界シェアを独占するオランダのASMLが開発を進める次世代機分野で、「
同社の超高精度X線集光ミラーがキーテクノロジーとして注目される可能性」
(国内証券ストラテジスト)が指摘されている。
チャート的にはまだまだ崩れていませんので4000円向かってまだまだ可能性が
高いと思います。研究向け精密実験装置メーカー。放射光用ナノ集光ミラーが
主力。細胞培養装置も。
研究機関や企業の実験施設向けに超高精度X線集光ミラーや自動細胞培養装置
などの理化学機器を製造販売する研究開発型企業だが、その独自の技術力に市
場でも評価が高まっています、決算に向けてますます期待したいです。
新型コロナウイルスのデルタ株の蔓延で、日本のみならず各国でも感染者数が
増加している。不透明感が強いために、企業の姿勢が慎重になり、その場合は
見通しを据え置くケースが増えそうだ。ワクチン接種の拡大でいずれ経済正常
化に向かうと考えられるため、業績の失速は考えにくく、修正高のきっかけを
掴むチャンスを待ちたいです。
四季報で大幅減額予想が、、、少し買ってみたくなりました。
大平金、上期経常を一転18%増益に上方修正、通期も増額
 大平洋金属 <5541> が7月30日大引け後(15:00)に業績修正を発表。22年3月
期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の0.1億円→15.2億円(前年
同期は12.9億円)に109倍上方修正し、一転して17.6%増益見通しとなった。
 上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の12.1億円→21億円
(前期は33.4億円)に73.3%上方修正し、減益率が63.7%減→37.0%減に縮小す
る見通しとなった。
理化学研究所向けを中心に超高精度X線集光ミラーなどを納入している。この
X線集光ミラーはナノレベルでも先端を行く超ハイスペックなもので、研究機
関が主要顧客となるが、EUV露光装置の次世代機向けでも需要開拓が期待さ
れている。同社の技術はオランダの半導体製造装置メーカーで露光装置の世界
トップメーカーであるASMLに採用される可能性もあるだけに、マーケット
の注目度は高い。足もとの業績は21年6月期営業損益が2億7800万円の
赤字見通しと低調だが、これは株価には織り込み済み。22年6月期以降の業
績飛躍を見込む買いを引き寄せている。

 研究機関や実験施設向けに高精度X線集光ミラーや自動細胞培養装置などの理
化学機器を製造している。X線集光ミラーはEUV露光装置向けへの展開も見込ま
れており、現在は同社の集光ミラーの精度が高すぎてオーバースペックながら
、半導体の微細化・高集積化が進むなか、EUV次世代機では同社の商品技術が生
かされる可能性がある。また、自動細胞培養装置については今後中期的に、再
生医療分野などで需要を開拓していく公算が大きい。業績は21年6月期営業損益
が2億7800万円の赤字見通しにあるが、22年6月期はX線集光ミラーが研究開発施
設の建設が加速している中国向け需要を取り込み、黒字転換が有力視される。
EUV露光装置用など半導体業界向けをはじめ、産業向け用途が広がれば業績飛躍
の可能性もある。高度な技術分野だけにオンリーワン企業としての成長シナリ
オが実現性を高める過程で大化けもあり得る。
海運の出遅れ株の1つです、最後の上げはこーゆー低位株が爆上げして1つの相
場が終わるパターンですが、ジェイテックの決算が予想外に悪かったので一旦
手仕舞いにしてまた将来性は高いと思いますのでまた戻りたいと思います。
決して業績が悪いと思いませんのでここら辺でもう一度参加したいと思います
子ども庁創設を検討する自民党の『こども・若者』輝く未来創造本部(本部長
・二階俊博幹事長)は、26日の会合で政策の基本方針をまとめ、子どもの視
点に立った社会の実現に向け『こどもまんなか基本法(仮称)』を制 定するこ
とを盛り込んだ」と報じており、これを受けて同社など子育て支援関連の一角
に買いが入る。

国策に勝るものはありません強気で行きたいと思います。
国策は1番強いと思います。
政府では前日の成長戦略会議において、成長性のある市場への「労働移動」を
後押しするため、社会人が大学などで学び直す「リカレント教育」の推進を掲
げている。労働生産性を高めるには人材への息の長い投資が必要とし、継続的
に支援を行っていく方針のようだ。創業から20年間に渡って「リカレント教育
」を提供している同社にとって、大きなフォローにつながる。
もうこの辺が天井と言う感じがしますのでダウが特に ここら辺が当面の天井で少し深めの調整が入ってもおかしくないと思います。
リーグ 出場者 銘柄(コード) 始値 終値 節の成績 通算成績
第1節 p ジェイテックコーポレーション(3446) 3365円 3280円 -2.53% -2.53%
第2節 p ジェイテックコーポレーション(3446) 3280円 3245円 -1.07% -3.57%
第3節 p ジェイテックコーポレーション(3446)07/20引け確定 3245円 3450円 6.32% 2.52%
第4節 p 現金 -円 -円 0.00% 2.52%
第5節 p 大平洋金属(5541)08/02引け確定 1724円 1756円 1.86% 4.42%
第6節 p ジェイテックコーポレーション(3446)08/13引け確定 3775円 3185円 -15.63% -11.90%
第7節 p 名村造船所(7014)08/20寄り確定 286円 241円 -15.73% -25.76%
第8節 p ジェイテックコーポレーション(3446)08/27引け確定 2706円 2626円 -2.96% -27.95%
第9節 p ベビーカレンダー(7363)09/03引け確定 5400円 5000円 -7.41% -33.29%
第10節 p ビジネス・ブレークスルー(2464)09/09引け確定 454円 447円 -1.54% -34.32%
第11節 p 国際のETF VIX短期先物指数(1552) 2312円 2207円 -4.54% -37.30%
第12節 p 国際のETF VIX短期先物指数(1552)09/21引け確定 2207円 2572円 16.54% -26.93%
      節あたりの上昇率     -2.581%  

★ 手仕舞い無し銘柄変更のため終値は次節始値となっています。

※ 太字の銘柄コードの上にマウスを乗せると直前メールの内容が参照できます。

※ 銘柄コードをクリックするとYahooチャートへリンクします。

※ 節あたりの上昇率={(1+通算成績÷100)のn乗根−1}×100  nは節数

ページ先頭へ